レイ法律事務所
盗撮のぞき事件
受付時間 9:00 - 22:00 [土日祝も初回相談可能]
メールでのお問い合わせ

逮捕(事件発覚)前の流れ(自首・出頭)

基礎知識逮捕前の流れ逮捕後の流れ

盗撮事件の見通し(具体的な事件内容によります)

盗撮は、いわゆる迷惑防止条例違反又は軽犯罪法違反等となります。また、建造物侵入も追加される場合もあります。

謝罪(又は示談)

盗撮をしてしまった場合、被害者に謝罪(又は示談)をするか、警察等の捜査機関に自首するかが考えられます。もし盗撮をしていることが発覚した場合、出来るだけ早い段階で、謝罪(又は示談)をすることが大切です。謝罪(又は示談)をすることで、 逮捕されることを避け、また事件化することも避けらえる可能性があります。

自首

謝罪(又は示談)が上手くいかなかった場合には、自首することも大事です。法律上、捜査機関に対して自首をすれば、 刑が軽減される可能性が高まります。

逮捕されるのか?

盗撮行為をしてしまい、盗撮現場から逃げてしまった場合、「今後、逮捕されるのか?」というご相談をよくお受けします。最近は、逮捕されるケースも増えております。なかには、盗撮行為後、2~3か月後に、職場に警察が逮捕令状を持ってきて逮捕というケースもあります。

示談の相場は?(※当事務所の場合)

事件の内容にもよりますが、平均すると万円から30万円程度となります。

悩む時間があるなら、相談(電話相談)を!

盗撮事件の場合、隠れて撮影しているため、盗撮行為が被害者や通行人に発覚したのか(バレてしまったのか)、警察に通報されてしまったのか等、不安に思う方も多くいます。また不安が解消したら、また盗撮を繰り返してしまう方も多くいます。

盗撮事件は、特に常習性の高い犯罪類型です。残念なことに盗撮をしてしまった多くの方は、一回だけでは満足せず、盗撮行為を繰り返してしまいます

そして、いつか必ず事件が発覚し場合によっては逮捕されます

そうなる前に、一度、謝罪(又は示談)、自首を考えませんか?

まずは、弁護士に相談して下さい。弁護士には守秘義務があるため、家族や職場、捜査機関等に情報が漏れることは絶対にありません。どうするのが最善なのか一緒に考えましょう。

レイ法律事務所は再犯防止にも努めております。

somec_logo

レイ法律事務所では、単に弁護活動をするだけではなく、新たな加害者と被害者を生まないための取り組みとして、「NPO法人性障害専門医療センター」と提携もしております。

レイ法律事務所では、刑事弁護活動をして終わりではありません

常習的に盗撮行為を繰り返す方には、医学的な見地からの専門的な治療が必要な場合があります。レイ法律事務所では、依頼者その後の人生を考えた取り組みもしています。

こうした取り組みもしているからこそ、ご家族の方から厚い信頼をいただいております

110_盗撮.・のぞきでai


お問い合わせ

TEL 03-6304-1980

受付時間 9:00 - 22:00
[土日祝も初回相談可能]

お問い合わせ

TEL 03-6304-1980 MAIL

受付時間 9:00 - 22:00
[土日祝も初回相談可能]